麻雀を始める際の注意点など

麻雀は4人で行う誰でも出来る遊戯ゲーム





麻雀はご存知の通り4人で行なうゲームで、中国を起源として世界中で親しまれているといい、日本でも独自の進化発展をした牌(パイ)を使ったテーブルゲームである。




牌の種類には萬子(マンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソーズ)・字牌(ツーパイ)があり、萬子・筒子・索子はそれぞれ一から九までの9種、字牌はさらに三元牌と四風牌に分かれ三元牌は白・發・中(ハクハツチュン)の3種、四風牌は東南西北(トンナンシャアペイ)の4種である。 これら34種がそれぞれ4枚ずつ、合計136枚で争うムームです。




4人で、初めは13枚ずつ配られ、ゲームを進行させながら最後に役を作って14枚で上がる(ロンする)ゲームです。 この時、役が出来てますから役の数を数え、役の種類や数によって点数が上がります。その際、親と子に分かれていて、親が上がれば子の1・5倍の点数が付きます。




親は常に東(トン)と言い、親から始まって右方向、つまり東南西北の順にゲームが進行します。 ゲームは半雀(ハンチャン)を1区切りとして、4人で2回ずつ親をやり、終了となります。




通常の上がり点数は、最低点(子の点数)が1000点、最高点が親の役満で36000点(例外もある)となります。 ゲーム初めの持ち点が其々、26000点(又は27000点)で、ゲーム終了時に基礎点30000点として+か−かを計算し、差額の点数はトップ点数の者にいく事になります。




特に、役作りや点の数え方などは絶対覚えなければならない課題でも有り、これは本を見ながら実際に打って、役や点を数えるのが一番なんです。




麻雀初心者の人がまず覚えること

麻雀は、牌と台と人数がいれば何時間でも遊べるゲームで大人になっても十分に楽しめます。でもそんな麻雀ですがトランプやウノなどと違ってルールや戦略を覚えるのが大変です。そんな麻雀初心者の人でもとりあえず、そこそこ打てるようになるコツをこれまた麻雀素人の私がお教えします。


麻雀はポンやチーなど他人が捨てた牌を自分の物に出来るルールが有り、早く上がるために作戦として行ったりするのですが、初心者がこれをやると最悪役がなくて上がれなくなります。なのでまずはリーチをするところから始めましょう。そうすると最低でも1翻付きますし、ツモや裏ドラが乗れば思いもよらず高得点になったりします。リーチすることで守備が弱くなってしまいますが、初心者はそんな事気にする必要はありません、テンパイしたら即リーチしましょう。


リーチ出来るようになったら、次は牌集めのコツです。これは出来たら1、9、字牌以外を集めましょう。つまりはタンヤオを目指すのです。1、9牌は2から8の牌に比べ順子が圧倒的に作りにくく、テンパイの待ちもペンチャンなど悪くなりがちなので、下手に持っていてもその後広がって行きません。これも後半守備が弱くなりますが、最初のうちは防御よりも攻撃です。特に最初の方は上がらないとゲームも面白く感じませんし、運が良ければ、タンヤオにピンフやイーペーコーが付いたりして、これまた高得点になりがちです。


なのでまずリーチ、次に2から8牌で揃えることを意識しましょう。それが出来るようになってから防御を覚えた方が良いと思います。